これであなたもトップ風俗嬢!

これを読めば丸わかり!風俗業界の裏の裏!

裏側に潜入!風俗面接あるある

風俗業界でも一般企業でも、「戦力になりそうな人材をもとめている」という点に変わりはありません。
通常はピンサロからソープランドという順番で仕事内容がハードになり、もとめられるスキルが高くなるかわりにもらえるお給料も充実するという関係にあります。
ソープは本番行為をともなうサービスのため、コンパニオンにも清潔感と気品、安定したテクニックがもとめられます。
ピンサロやヘルスはフェラチオでのサービスがメインとなり、いわゆる本番サービスはありませんが、お客様に気持ちよくなっていただく、という根本において変わりありません。
どの業態においても、時間を守る、きちんとした敬語が使える、無断欠席をしない、など社会人として当たり前のマナーが守れる女性が優遇されるのは言うまでもありません。

風俗面接に関するちいさな誤解と偏見

風俗業界はある意味においてブラックボックス化しており、面接に関してもいくつかの誤解や偏見が広がっているようです。
第一に、風俗面接ではいわゆる実技指導はありません。
フィクションの世界ではしばしば、お店の店員が客になりきってコンパニオンに実技を指導し、店員を射精させたら合格、というシーンが描かれますが、そのような面接はどの風俗店でも行っていません。
昭和の時代であれば実技指導も一部の店舗で取り入れられていたのかもしれませんが、コンプライアンスの厳守がもとめられるようになった現代では風俗面接も非常にシステマティックになっており、口頭試問で一定の条件をクリアした女性を無条件に採用する、という形になっているようです。